~ あらすじと舞台~

あらすじ

△▼△▼△▼
失業中に30歳を迎えた平 仁一郎のもとに届いた、外務省からの一通の手紙。
それは、人類を脅かす未知の生命体である「亞害体」と戦う為の人型ロボット「RIZE」(ライズ)を操縦するパイロット職の審査通知だった。

― なぜ、自分がこの職に選ばれたのか? ―

疑問を感じながらも、それまで自分を活かす場所を見つけられなかった他の仲間と共に訓練を受ける中で、仁一郎は今度こそ「誰かの役に立とう」と決意する。

31小隊

戦いの舞台は南シナ海に浮かぶ蘇芳島(すおうとう)。
その前線基地に配備されたRIZEと、約3,000km離れた東京の司令部とを通信で繋ぎ、遠隔操縦によって亞害体を駆逐する事がパイロットの職務となる。